メニューボタン

膝部、足首、足指間へのテクニック

リンパ療法学院の初級科では、肩や腰など大きなパーツへの施術を学びました。ですが専科ではさらに一歩進んで小さなパーツ、特に末端ともいえる部分への局所的な施術も身に付けていくこととなります。

「詰まり」や「コリ」の影響を受けやすい部分への施術

専科コースで学ぶ膝部、足首、足指間テクニックのカリキュラム内容

肩や腰、大腿部と比較して小さなパーツである膝部、足首、足指間。だからといって体の健康を保つためには、見逃すことのできないポイントです。

これらの箇所に痛みやしびれ、可動域の問題が出ているという場合、体全体のリンパの流れ自体に問題がある可能性が高いです。リンパの流れに問題がでると、足指や足指間元々流れが届きにくい末端部分に影響が出てきます。また、足首や膝部には太いリンパが流れているため、可動域に問題が出て動かす機会が減ると、益々リンパの滞りが起こるという悪循環になりかねません。

専科ではまずラジャスリングによる軽擦を学びます。細かい部分であり、カーブもあるため、上手くラジャスリングを宛て、ハリやコリをケアしていくには技術が必要です。小さいサイズのラジャスリングの縁を添わせるコツを、鍛錬会を活用して覚えていきましょう。

膝部、足首、足指間へのテクニック履修後にできるようになること

膝部、足首、足指間へのテクニックを学んでできるようになること。まずはあたりまえですが、足にお悩みを抱えるお客さんへ、多彩な対応ができるようになります。足に痛みが出ている方やしびれが出ているといった重度のお客さんに、様々な角度からアプローチできるため、1人ひとりへ寄り添ったとなり、施術後の実感度も高くなります。足にお悩みを抱えるお客さんは、病院から整骨院までジプシーをした結果、リンパマッサージを受けられていることも多いです。そういった方のつらさに寄り添えるようになることこそ、新リンパ療法師として一人前といえる段階だといえます。

また、立ち仕事の方がむくみに悩んで来店されることも少なくありません。単純な「さする」だけの施術では味わえない、新リンパ療法独自の施術を行えば、リピーター獲得にもつながります。

そして足のむくみは立ち仕事の方だけの悩みでもありません。デスクワークをされている方、普段あまり体を動かさない方など、無自覚のまま足のむくみや疲れが発生している場合も多くあります。お客さん自身が自覚していない体の不調をしっかりと指摘・ケアできれば、より信頼関係の構築にもつながります。足の膝下の施術をマスターするだけで、多くの患者さんを得られる可能性が広がるのです。

その他、専科コースの講座内容をチェックする