メニューボタン

副業をする

ここでは、リンパマッサージを学んだ後の「副業」という進路について考察します。

普段は会社員や自営業などで働きつつ、仕事が終わった後や週末などに限定して働くのが副業。本業を大事にしながらも多くの人たちにリンパ療法の良さを伝えたい方、本業に加えて少しでも収入を増やしたい方、将来的には本格的な独立をお考えの方などには、副業という働き方がおすすめ。以下、リンパマッサージを副業で始める際の準備、副業のメリット・デメリットなどについて詳しく確認しましょう。

副業するのに必要なことは?

副業としてリンパマッサージ店を開店する場合、具体的にはどのようなものを準備しておく必要があるのでしょうか?主に準備しておきたいものを列挙してみます。

マッサージベッド

リンパマッサージを行う以上、マッサージ用のベッドは必需品です。ただし、そうとは言え、本格的な独立開業とは異なるので、あまり高価なベッドを購入する必要はないでしょう。折り畳みベッドをお持ちの方は、それでも代用できます。

施術者用チェア

ベッドと共に用意しておくべきものが、施術者用チェア。必要ないという施術者もいるようですが、座ったままでもできる施術は、なるべく座った状態で行ったほうが体への負担は減ります。用意しておくに越したことはないでしょう。

ベッドの上に敷く布団

もちろん、ベッドの上に敷く布団も必要です。あまり使い古した布団は良くありませんが、ある程度清潔感のある布団であれば、すでにお持ちのもので代用してもOK。ただしカバーは頻繁に選択しましょう。

タオル類

副業とは言え、リンパマッサージを行う上ではたくさんのタオルが必要です。こちらも、すでにお持ちのタオルで代用してOKなのですが、決して高額なものではないので新規で清潔なものを購入しても良いでしょう。通販サイトでは大量のタオルが格安で手に入ります。

マッサージジェル類

マッサージにジェルやオイルを使用する場合には、事前にこれらを購入しておく必要があります。こちらもタオル類と同様、通販サイトで安く販売されているようです。業者への直接注文の場合と比べ、少しでも割安な購入手段を選びましょう。

簡単なカルテ

お客様の情報を控えておく簡単なカルテを用意しておきます。氏名、住所、連絡先、希望などの記入欄がある簡素なフォーマットのもので構いません。自分でPCで作成して印刷しておくと良いでしょう。

ポイントカード

何度も来店してくれるお得意さまには、以後も継続的に来店してもらえるよう、各種のサービスを提供したいもの。効果的なサービスの一つが、ポイントカードです。来店の都度、金額に応じてハンコを押すだけの簡単なものでOK。厚紙で自作可能です。

電気マット

寒い時期のお客さんへの配慮として、部分電気マットを用意しておくと良いでしょう。施術者も利用できるので、寒い時期にはとても重宝されます。

副業するメリット・デメリット

副業という形式でリンパマッサージをやることのメリット・デメリットを見てみましょう。

副業するメリット

出張・往診専門の場合には経費を抑えられる

店舗を持たずに出張・往診を専門に副業する場合には、施術場所が個人宅やホテル、勤務先、旅館などです。店舗にかかる各種経費(家賃や光熱費等)がかからないので、経費を抑えることができます。もともと利益率の良いリンパマッサージ業ですが、店舗を持たないことで更に利益率が上がるでしょう。

富裕層からの注文も少なくない

一般的に考えて、リンパマッサージの施術料は決して安くありません。安くはないマッサージを、わざわざ出張でお願いするお客さんは、往々にして富裕層です。富裕層がお得意さまとなれば、料金単価は上がることでしょう。時にはチップをもらうことがあるかもしれません。

その気になれば事業拡大も可能

副業として一人で出張マッサージ師をやる方法もありますが、自分の事務所からの業務委託という形でマッサージ師を増やしていけば、大きな収入を狙うことも可能。副業にして本業の収入を超える可能性すらあります。

撤退が容易

店舗を持たずに副業として行う場合、かりに副業を辞めることになったとしても、特別な作業は必要ありません。「明日から辞める」と宣言すれば、本当に明日から辞めることができます。

時給が比較的高い

副業としてリンパマッサージを行う場合、他の職業よりも高い収入が期待できます。

たとえばチェーン店のマッサージサロンで働く場合、時給2,000円以上…という求人も少なくありません。時給2,000円と仮定し、週4日で3時間程度働くとしたら月収は96,000円となります。もちろんエリアや店舗によって差はありますが、高時給で働けるでしょう。

独立開業する場合は、営業が軌道にのれば更なる収入を期待できます。客単価3,000円と仮定し、1日に3人以上のお客さんに来店してもらえれば週4日で月収は144,000円にも達します。

これを副業での収入と考えた場合、十分魅力的な額ですよね。

副業するデメリット

リンパマッサージであれ何であれ、副業として行うということは、別で本業を持っているということ。副業に夢中になるあまり本業に支障をきたす恐れがあることは、副業のデメリットになります。

もとより副業が禁止されている会社は、まだまだ日本では一般的。週末の自宅開業を行う際には、本業の社則をよく確認しておきましょう。

その点、本業が自営業であれば、副業を行うことは何ら問題にはなりません。主婦業の合間に、週数日だけ副業することもおすすめです。

副業としてリンパマッサージを生業にする方法

サロンではたらく

副業としてリンパマッサージを生業にする場合、最も手軽な方法はリラクゼーションサロンやエステサロンで働く方法です。自身で場所を確保する必要がなく、雇用条件さえ合えばいつでも働き始めることが可能です。

既にオープンしているサロンで働くことのメリットは、集客に関する悩みが比較的すくないということ。

集客ツールが備わっており、リピーターのお客さんもいることから、お客さんを自分で探す必要がありません。また周囲のスタッフのスキルを盗むことで、自身の技術にさらに磨きをかけることもできます。

将来的には独立開業したい、という方でもまずはサロンで働いてみて、スタッフとのコミュニケーションやサロンの経営に関することについて知識を深めるのもよいでしょう。

訪問リンパマッサージ師としてはたらく

訪問マッサージとはその名の通り、お客さんの自宅などを訪問してマッサージを行うこと。集会所や施設などに呼ばれて、一度に複数人のマッサージを行うこともあるようです。

訪問マッサージのお客さん側のメリットは、移動の手間がないこと。子育て中の方や外出が難しい人には重宝されます。リンパマッサージ師側のメリットは、お店を構える必要がないこと。つまり痛い出費になりがちな場所代がゼロになります。交通費はかかるものの、時給としてもは悪くありません。

集客が難しいという欠点はあるものの、リピート率が良いため、気に入ってもらえればまた呼んでもらえる可能性も大です。

自宅でサロンを開業する

副業として、自宅サロンを開業する方法もあります。自分のサロンを持つ…憧れますよね。自身がオーナーとなるため、勤務日や勤務時間などルールに縛られることなく、自由に働くことができます。扶養の範囲内で働くことも可能でしょう。集客さえできれば、土日はもちろん平日のちょっと空いた時間だけ…という働き方もできます。

提供するメニューや金額、内装、コンセプトまで自由に決められるのも、独立開業ならではの魅力。自宅での開業なら店舗をレンタルする必要がないため、比較的開業資金も少なく済みます。

副業をお考えの方はリンパ療法学院で学ぼう

以上、リンパ療法を副業として行うための具体的な準備やメリット・デメリットなどについて解説しました。

リンパ療法の手技を習得しているのであれば、副業として週末に自宅開業をしたり出張マッサージを行ったりすることが可能。デメリットはありますが、メリットの多い働き方であることも理解できたでしょう。

当サイトを運営しているリンパ療法学院では、卒業生が副業として施術を行っていけるよう、様々なサポートを実施。サポート以前に、「専科コース」「師範科コース」のカリキュラムの中には、副業や独立開業に向けた内容が充実しています。卒業生へのフォローもしっかりと行っているので、副業や将来的な独立開業を目指している方は、ぜひリンパ療法学院で学んでおきましょう。