メニューボタン

セラピストになるには

心身にリラクゼーション効果を与えるセラピストを目指す人へ向けて、セラピストのおもな業務内容やセラピストの種類、給料・年収などを紹介しています。お仕事のやりがい・魅力などもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

セラピストとは

アロマセラピストやマッサージ師などのボディ系セラピストや心を癒すメンタル系セラピスト、気功などでパワーを送るエネルギー系セラピストなど、セラピストという呼称は多岐にわたって使われています。

上記のようなセラピストの仕事は、どれも「心身のバランスを整えることで身体の不調を取り除く」のが目的です。それぞれアプローチ方法は異なるものの、各々の技術と知識をもってお客さんに癒しを提供しています。

施術に使うグッズを名称に用いているセラピーもあります。アロマセラピストはエッセンシャルオイルを用い、カラーセラピストはシートやオイルボトルなどのグッズでリラクゼーションを提供。どのセラピストもお客さんの話にじっくり耳を傾け、問題解決につながる改善方法を伝えることで癒しを生んでいます。

セラピストのおもな業務内容

カウンセリング

抱えている悩みや要望はお客さんごとに異なるので、いきなり施術することはありません。カウンセリングで心身の状態を確認し、1人ひとりに合う施術方針を決めていきます。

施術では直接身体に触れたりアロマオイルを使用したりするので、安全な施術を実施するためにもケガやアレルギーの有無はしっかりと確認しなければなりません。

お話を聞くのが上手なセラピストだと、カウンセリングの時点で何が原因で心身に不調をきたしているのか、ポイントをピックアップできるようになります。

施術

カウンセリングによって施術メニューが決まったら、いよいよ施術の開始です。アロマオイルや道具を使ったマッサージを行うこともあれば、メンタル面にアプローチする心理カウンセリングを行うこともあります。

施術で最も大切なのはお客さんとの信頼関係です。いくら高いスキルを有するセラピストでも、信頼関係が築けていなければ十分な情報が得られず、施術中にストレスを与えかねません。一流のセラピストになるためには、専門分野だけでなく接客術や心理学の知識と技術も必要なのです。

会計や事務作業などの運営業務

セラピストはお客さんへの施術が主な業務内容ですが、経営者なら店舗運営業務にも長ける必要があります。

具体的には、顧客カルテの作成・整理、会計処理が挙げられるでしょう。また、空いている時間には消耗品の発注や在庫管理といった事務作業、タオルの洗濯などの作業もあります。

経営者でなくても、正社員雇用なら店舗の中枢的な働き方が求められます。テレホンアポイントやキャンペーンの企画立案にも参加し、よりたくさんのお客さんに店舗を利用してもらえるように取り組むケースが多いです。マネジャーなどのポジションになると、部下の育成や売上管理なども任されることも。そうなると接客の現場から離れ管理職に回る人もいます。

セラピストの種類

セラピストの種類は大きく、医療系、ボディ系、心理系、リラクゼーション系に分かれています。このうちメンタル系セラピストは心理面へのアプローチを主としており、その他は身体に触れて施術するのが一般的です。

そのほか、分類が難しいセラピーもたくさんあり、セラピストの種類もそれだけ多くなります。

セラピストの種類について詳しく

セラピストになるために必要な資格・経験

国家資格が必要なもの以外は、セラピストになる方法に厳密な決まりはありません。

一般的なセラピストになる方法としては、「知識と技術を学べるスクールに通う方法」と「未経験の状態からサロンなどで勤務し、社内研修でスキルを習得する方法」の2種類が挙げられるでしょう。どちらでもセラピストになれますが、スクールに通う場合はしっかりと基礎的な知識や技術をマスターしてからセラピストになることが可能です。一方で、サロンなどに勤務する場合は、早い段階から現場で実践力を身に付けられます。

セラピストの給料・年収

セラピストの給与や年収は、専門分野や勤務先、働き方などによって異なります。

ボディ系セラピスト全体の平均年収は280万円~350万円程度です。とはいえ、こちらはあくまでもセラピスト全体の平均年収であり、完全な未経験からスタートした新人セラピストの給与は、手取り15万円程度となることが多いでしょう。

また、サロンによっては歩合制を採用しているケースも多く、この場合は「完全歩合制」もしくは「最低保証額+歩合給」など、店舗によって設定方法が異なります。完全歩合制の場合は基本給が設定されません。指名数や施術した人数によって給与額が変動するため、安定した収入を得るのは大変です。早いうちにスキルアップを図り、リピーターを掴むことが大切でしょう。

セラピストの就職先・仕事先

マッサージ店、治療院、リラクゼーションサロン、エステサロンなどがあります。近年ではリラクゼーション効果を求める女性をターゲットとした店舗が増加し、美容院などでも施術スペースを設けているお店が増えてきました。また、男性専用のサロンも増加傾向にあり、活躍の場は多い職種と言えるでしょう。

雇用形態はアルバイト、契約社員、正社員、業務委託などさまざまです。中には独立開業によって個人サロンを開いたり、ホテルや温泉施設の嘱託セラピストとして活躍する人もいます。

セラピストのやりがい・魅力

お客さんに喜んでもらえる

セラピストの最大の魅力は、お客さんに喜んでもらえることでしょう。施術を受けたお客さんが笑顔で退店していく姿は、セラピストとして何にも代えがたい喜びです。また、1度担当したお客さんがリピーターとなってくれた時や、「施術によって身体が軽くなった」「気持ちが楽になった」などの話を聞いた時なども、大きなやりがいを感じられます。

さらに、セラピストとしてできることが増えたり、新しい技術を習得するなどもやりがいや魅力を感じられるポイントです。そのために働きながらスクールに通ったり、医療関連の情報収集に力を入れるセラピストもいます。

スキルによって収入アップが期待できる

セラピストの多くが活躍するサロンで歩合制を導入している場合、頑張れば頑張った分だけ収入を増やすことが可能です。もちろん、最初のうちは安定した収入を得るのが難しいかもしれませんが、数多くのお客さんを施術すれば、心身ともに癒しを与えられる熟練のセラピストとしてリピーターを増やせるでしょう。

知識・スキルともに熟練の域に達すれば、給与だけでなく待遇面も大幅に改善する可能性が高い職業です。そのため、より働きやすい環境になったり、中にはヘッドハンティングで他店に移るセラピストもいます。

独立・開業を目指せる

高い技術と知識を持つセラピストは、独立開業によって自分のサロンを開けます。施術をするのに広いスペースは必要ないので、自宅の一室を利用したり、出張セラピストとして働く人も多いです。

実際に独立開業しているセラピストは非常に多く、店舗にて経験を積んだ後に独立をする人がほとんど。セラピストは女性からの人気が高く、その背景には「自分のペースで働ける」「仕事と家事・育児を両立できる」などがあるようです。

セラピストに向いている人

聞き上手でひとが好きな人

人が好きで聞き上手、相手の内面に興味を持てる人がセラピストに向いています。

セラピストは専門的な知識や技術によって心身の疲れや不調を取り除く職業ですが、それと同時に接客業でもあります。サロンへ来店するお客さんのほとんどは「疲れを癒したい」「慢性的な不調を緩和したい」などのニーズがあるため、セラピストにはヒアリング能力や不調と向き合う能力が欠かせません。

また、お客さんからの愚痴や苦労話などにもしっかりと寄り添い、親身になって対応する場面もあります。それでもお客さんとの時間を「楽しい」と思える人は、よいセラピストです。

自分のことも大切にできる人

セラピストの仕事は体力勝負な側面があります。ボディ系セラピストはもちろんのこと、心理系のセラピストでも集中して人の話を聞くのは、意外と体力を消耗するお仕事なのです。

セラピスト自身が心身に不調をきたさないように、日ごろのメンテナンスがとても大切なお仕事。リンパマッサージや整体などボディ系施術で気分転換を図るのをおすすめします。

セラピストになりたいならリンパマッサージ師がおすすめ

「セラピストを目指したい!」と思っている人は、リンパマッサージ師を目指してみてはいかがでしょうか。当サイトは新リンパ療法師・リンパマッサージ師を目指す「リンパ療法学院」が運営しており、リンパマッサージの知識が全くない状態からスタートした人でも、自身のサロンを開業したりスクールの講師になったりと、活躍する人を多く輩出している学院です。しっかりとした施術で活躍できるセラピストを育てています。