メニューボタン

ラジャスの剣Q&A

ラジャスの剣を自分の施術に取り入れようかとお悩みの方へ。実際にサロンでラジャスの剣を使用している新リンパ療法師の先生へ。気になる点を質問してみました。購入前の参考にしてみてください。

Q.ラジャスの剣は施術で必ず必要なものなのでしょうか?

ラジャスの剣はなぜ施術に必要なのでしょうか。どのようなシーンで特に必要と感じるか、教えてください。

A.深い部分へのアプローチにはラジャスの剣が必要です。

ラジャスの剣を使用する最大のメリットは、体の深い部分へしっかりとアプローチができることです。一般的な指圧では、力を入れると指に負担がかかります。新リンパ療法の摘まんで揺らす動作も、より筋肉の中に存在するリンパ反射ポイントを刺激するのは難しいものです。

ラジャスの剣はその重みとポイントをついた刺激を与えられる構造。また、微細な電流を流すことで体の奥深くの反射ポイントを的確に刺激してくれます。

また、硬くなってしまった筋肉のハリや、それ以上の塊は、やはり指の力だけでほぐすのは大変。まずはラジャスの剣でやわらかくしてあげれば、次の施術にもつなげやすいです。

とはいえ、ご自宅での健康ケアやボランティアで新リンパ療法を行うという方でしたら、無理に購入する必要はありません。あくまでプロとして活動しようと考える方が持つと良いアイテムだと思います。

Q.ラジャスの剣を使用するとき、特に気を付けている点はありますか?

ラジャスの剣を使用する際、圧の掛け方など判断が難しいです。コツや気を付ける点があれば教えてください。

A.最初は体重を掛けずに、重みだけで圧をかけるようにしてください。

ラジャスの剣の施術を初めて受けるお客さんは、強い刺激を感じる方が多いです。まずはラジャスの剣の重みのみで圧をかけ、様子を見ながら力を入れるようにしましょう。

頸部や頭部、膝など筋肉の薄い個所は、剣の重みのみで十分です。背骨や腰に施術をする際も、腕で無理に力を入れるのではなく、ゆっくりと重心を移動させることで圧をかけるようにしてください。ぎゅうぎゅうと押し込むのではなく、じんわりと刺激をしてあげるのが大切です。

Q.ラジャスの剣を破損してしまったことはありますか?

圧を掛ける際に使用するラジャスの剣ですが、誤って壊してしまう心配はありませんでしょうか。

A.私自身も含め、ラジャスの剣を破損したという話はほとんど聞きません。

ラジャスの剣は丈夫な作りとなっています。私自身を含め、破損をしたという話はあまり聞きません。ただ、長期間に渡り、剣へ対して斜めに(付け根部分を曲げるように)力を入れていたため折れてしまったとうケースは、わずかながらあるようです。とはいえ、通常通りに使用していればその心配はほぼありません。

剣の先にあるラジウム部分は取り外しが可能となっています。しっかりとつけられていますが取れてしまった場合は、リンパ療法学院に相談すれば修理してもらえますよ。