メニューボタン

ゴリゴリの正体

リンパの詰まり?ゴリゴリしたものの正体とは

リンパマッサージを行ってたり、また受けたりしていると、体の一部にゴリゴリとした感触があることはありませんか?このような経験をしている人は多く、不思議に思っている方も多いでしょう。ゴリゴリの正体は「筋繊維の固まり」だといわれています。

通常、筋繊維はアクチミン繊維とミチオン繊維が離れて機能していますが、長時間同じ姿勢でいたり、重い荷物などを持ったりすると、筋肉が疲弊して、アクチミン繊維とミチオン繊維が連結して固まってしまうのです。これが、ゴリゴリとしたものの正体です。

「ゴリゴリ=老廃物」ではない?

老廃物はあくまで原因

老廃物が詰まっているといわれることもありますが、ゴリゴリの正体は固まってしまった筋繊維であり、老廃物自体を指すわけではありません。ではなぜ、ゴリゴリが老廃物といわれているのか。それは、老廃物が蓄積されると、筋繊維が収縮し、筋肉の働きが低下して、筋繊維が固まってしまうため。つまり、ゴリゴリ=老廃物ではなく、ゴリゴリをつくってしまう要因が老廃物なのです。

ゴリゴリができやすい場所

ゴリゴリはリンパ節の近くによくできます。リンパの流れが改善されると老廃物も排出されやすくなるので、リンパ節の場所を把握して優しくマッサージを行うことが大切です。

とくに良くリンパが集まっているリンパ節は、鎖骨、脇の下、足の付け根、膝の裏です。鎖骨は鎖骨リンパ節といわれ、静脈にリンパ液に運ばれた老廃物が向かう場所であり、脇の下もリンパがたくさん集まっている部位になります。手から腕の根元に向けてリンパは流れているので、流れに沿って、手から脇へとマッサージを行いましょう。

また、足の付け根には鼠径リンパ節という下半身のリンパがあり、ここにゴリゴリが生じると下半身がむくみます。骨盤のくぼみに沿ってマッサージするのがおすすめです。そして、膝の裏にも膝窩というリンパがあり、足の付け根と同じく下半身の浮腫に関係する重要な部位になります。ふくらはぎからもも裏へ流すようにマッサージをしましょう。

ゴリゴリを放置するとどうなる?

血流が悪くなり、自然治癒能力が低下する

ゴリゴリがあることを自覚していても、対処法が分からず放置してしまう人もいるでしょう。しかし、ゴリゴリを放置しておくと、血液の流れがスムーズにできなくなり、体の細胞に栄養が上手く伝わらなくなってしまいます。血行が悪くなると手足の冷えを引き起こし、リンパの循環の悪化にもつながることもあります。

また、自然治癒能力自体も低下するので、免疫力が低下して、風邪を引きやすくなるなど、さまざまな悪影響が考えられます。このように、ゴリゴリを放置しておくと健康に悪影響を及ぼすので、できるだけ早く対処したほうが賢明です。

ゴリゴリを解消するためのセルフケア、対策法

全身にリンパマッサージをする

リンパの流れを促進するにはリンパマッサージが効果的です。ゴリゴリの周りにあるリンパを刺激するのがマッサージの目的です。

一般的にマッサージは痛みを感じるくらいがちょうど良いと認識されている場合が多いですが、リンパマッサージにおいてはこちらの認識は間違っています。リンパの管は皮膚の表層に近い位置にあるので、強い刺激は必要ありません。優しく撫でるだけで十分名刺激を与えられるのです。あまり力を込めてマッサージを行うとリンパ周辺の組織が傷ついてしまう可能性があるので、細心の注意を払いましょう。

ストレッチや体操で筋肉をほぐす

肩のゴリゴリを潰瘍するために、ストレッチや体操をするのも有効的です。ストレッチや体操には必要以上に収縮した筋肉の凝りに働きかける効果があります。とくに肩こりに的を絞って行うストレッチは、手軽にできるうえにリンパにもアプローチできるのでおすすめです。

全身のリンパの流れを改善したい場合は、下半身のリンパに働きかける体操をしましょう。30秒ほど足踏みをしたら、足首から先を揺らし、足の指にぎゅっと力を入れて抜く動作を3回繰り返すと良いです。

入浴をして体を温める

シャワーだけでなく湯船につかると全身に水圧がかかるのでリンパが刺激されます。そリンパの流れが活発になり、体を芯から温めることが可能です。マッサージだと自分の手が届く範囲でしかリンパに刺激を加えられませんが、入浴するとまんべんなく全身のリンパに刺激を与えられます。

入浴時のポイントは40度程度のぬるま湯に15分ほど使うこと。あまり熱すぎるお湯ではなく、ぬるま湯に適度な時間つかるのが大切です。

水分をたくさんとる

水分をしっかりとることもゴリゴリを予防するために欠かせません。ゴリゴリは体内に老廃物が蓄積することできるため、水分をこまめに補給して老廃物を体に溜めないようにしましょう。リンパ液は水分で構成されているので、水分を補給すること自体にリンパ促進効果があります。

とくに暖房をよく利用する時期は空気が乾燥し、水分不足になりがちなので、水分補給を忘れないよう気をつけるのが肝心。日中はもちろん、運動をした後や入浴した後など、汗をかいたときはよりしっかりと水分補給をするよう心がけましょう。

マッサージ・エステサロンに行く

ゴリゴリはエステサロンで解消することも可能です。エステサロンのマッサージ師はプロなので、高い技術による施術が受けられます。自分でセルフケアを行うよりも高い効果を得ることができるでしょう。その際はリンパマッサージに特化しているサロンやリンパマッサージの専門店を選ぶと良いです。

サロンの種類はさまざまであり、中には無資格でサロンを経営していたり、アルバイトが施術を行っていたりする場合もあるので、事前によく調べてから施術を受けることをおすすめします。