メニューボタン
ほぐしん~未来に羽ばたく新リンパ療法師へ~ » 専科・師範科を修了した後の進路

専科・師範科を修了した後の進路

ここでは、当サイトを運営しているリンパ療法学院の卒業生の主な進路について、インターン・独立開業・副業の3つをご紹介しています。

インターンとは、本業として就職する前に実際に店舗で体験的に働いてみること。独立開業とは、貸店舗や自宅で本業としてリンパマッサージ店を開くこと。副業とは、本業が終わった後や週末などを利用して、自宅開業や出張マッサージを行うこと。リンパ療法学院では、どの道を選択する方にも万全のサポート体制を用意しています。

リンパ療法学院で専科・師範科を終了した方の進路

インターンに応募する

インターンとは、就職や独立開業をする前に、実際のお店の現場で体験的に働いてみること。一般にインターン生は施術を行うことはできませんが、先輩の施術のサポート的な役割や受付・接客など、施術以外の仕事を一通り経験することができます。インターンを終えた後の就職や独立開業には、大いに役立つ実践力を身に付けることができるでしょう。インターン後、同じ店舗にそのまま就職する例も多いようです。

なおインターンには、無給型と就業型の2種類があります。これらのうち就業型は、インターン生でありながら給与をもらえる、というシステム。お金をもらいながら実践力・即戦力を習得できる一石二鳥の制度です。

リンパ療法学院の卒業生の中には、インターンを経験してから就職・独立する方も少なくありません。

独立開業する

リンパ療法を学んでいる人の多くは、「いずれは自分の店を持ちたい」と考えているのではないでしょうか?雇われの身とは違って、自分の意志と方針で店舗を経営できる独立開業。一国一城の主として、仕事のやりがいが違ってくることでしょう。

しかしながら独立開業は、決して簡単なことではありません。単に技術を身に付ければ自動的に集客できるわけではないことを、十分に理解しておくべきです。理解したうえで、具体的な準備を着実に進めていけば、学院を卒業してすぐに独立開業しても、成功する可能性が高まるでしょう。

なおリンパ療法学院では、将来的な独立開業を目指したカリキュラムを標準化。独立に向けた「トータルプランニング」も用意しています。

副業する

副業とは、週のうち少しだけ本業とは別の仕事をすること。形式的には独立開業や雇われの形をとることがありますが、あくまでも別で本業を持っていることが副業の前提となります。

リンパマッサージを学んでいると、きっと、その良さを多くの人に伝えたいと考えることでしょう。そうとは言え、生活のためには安易に本業を辞めるわけにはいきません。そのようなジレンマを持つ方々が、仕事が終わった後や週末などを利用し、副業としてリンパマッサージを提供している、という例が多いようです。

なお、出張マッサージを依頼してくるお客さんの中には、富裕層も少なくありません。結果、客単価が高くなり、本業をしのぐような収入を得る方もいるようです。リンパ療法学院には、副業としてのリンパ施術師を目指す方々も多く在籍しています。