メニューボタン

肩甲骨へのテクニック

肩こりや背中のハリが慢性的にあるお客さんの多くは、本来は独立しているはずの肩甲骨に、まわりの筋肉が張り付いて固まっている状態。ラジャスリングを用いて、しっかりと「肩甲骨剥がし」ができるようになりましょう。

肩甲骨剥がしにより、肩回りの深部へアプローチ

専科コースで学ぶ肩甲骨テクニックのカリキュラム内容

初級科コースでも肩こりへの基本的なアプローチは学べます。ですがさらに踏み込んで、楽な状態が長く続くようにしていくためには、この肩甲骨へのアプローチが欠かせません。

肩甲骨は日常生活の中で意識的に動かしていないと、周りの筋肉がどんどん硬化していき、リンパの流れが滞ってきます。最終的には肩甲骨と周りの筋肉が癒着し、肩甲骨がほとんど動いていないような状態に。そうなってしまえば背中のハリ・肩こりだけでなく、腕のしびれなどにつながりかねません。また、寝苦しさなども引き起こし、体調を崩す原因にもなります。

専科の肩甲骨へのテクニックは、まずラジャスリングを用いて筋肉の緊張をゆるめていきます。これはお客さんの痛みを軽減するのと同時に、自分自身の指が肩甲骨と筋肉の間へ入るようにしていく役目もあります。その上でお客さんに横向きへ寝てもらい、肩と肩甲骨を一気に持ち上げ、筋肉から剥がすというテクニックを学んでいくのです。

専科で習うテクニックの中でも特に難しいテクニックです。一度の講座でのマスターは目指さず、鍛錬会などで繰り返し学んでいきましょう。

肩甲骨へのテクニック履修後にできるようになること

現在「筋膜リリース」という言葉が流行しているように、この肩甲骨剥がしを求めるお客さんは少なくありません。肩甲骨回りが張っていると、息苦しさを感じている、常に肩が痛いなど、お客さん自身の自覚症状が強く出る個所。年齢や性別に問わず、求められている施術だといえます。

ご自身のサロンのメニューとしてこの肩甲骨剥がしを自信をもってすすめられるようになれば、他サロンとの差別化として大きく役立ちます。施術後のお客さんの実感値も高く、リピートに繋がりやすい傾向にもあるようです。ただし、指を筋肉と肩甲骨に入れ、引き上げるという少し大胆な施術になりますので、お客さんとの信頼関係の構築にも力を入れるようにしてください。

その他、専科コースの講座内容をチェックする