メニューボタン
ほぐしん~未来に羽ばたく新リンパ療法師へ~ » 新リンパ療法をより本格的に行うための知識・心構え

新リンパ療法をより本格的に行うための知識・心構え

初級科を卒業したタイミングでぜひ考えていただきたいこと。それは自分自身の未来で、新リンパ療法をどのように生かしていくか、です。

家族や親しい友人の健康や癒しを支えていく方も、プロの新リンパ療法師として活躍をしたい方も、しっかりと将来像を描いて、その次の一歩を決定しましょう。ここではそのための支えになる情報をお届けします。

新リンパ療法師として、
さらなる一歩を踏み出すための知識

他のリンパマッサージとの違いを理解する

先生たちが学んだ新リンパ療法ならではの魅力を理解することで、次に何を学ぶべきかが見えてくるでしょう。

新リンパ療法と他のリンパマッサージの大きな違いは、「健康をサポートできるか」、「しっかりと診断をできるか」、「ランニングコストはどうか」の3つにあります。

家族や親しい方の健康を守るため、もしくは第二の人生を歩むための技術として、そのメリットを再度確認しておいてくださいね。

他のリンパマッサージとの違いを理解する

用意すべき道具や設備

ご存知の通り新リンパ療法は、基本的に手わざのみで行うリンパマッサージの手法です。施術のためのベッドとリネン類さえあれば、いつでも・どこでも行えることが魅力の1つでもあります。

ですが、もしも本格的に施術を行っていきたい、おうちサロンを開業したいといった場合では、他にも必要となる道具や設備があります。

どのような道具・設備が必要か、どの程度の費用を検討しておけばいいか、わかりやすく解説しています。特に設備面は慎重に選ぶことが重要ですよ。

リンパマッサージのために
用意すべき道具や設備

プロへの道を家族へどのように伝えるか

新リンパ療法をより専門的に学びたい、将来的に開業を目指したいと考え、専科への道を考えた際、必ず通る道として家族への相談があります。日々覚えた新リンパ療法を家族へ施術しているといった場合であっても、なかなか理解を得られない……という方も少なくありません。

先輩たちはどのように家族へ伝え、理解をしてもらったのか、具体例を挙げながらお伝えします。共通していえることは、「自分自身がどうしたいか、どうなりたいかを具体的にする」という点です。

プロへの道を家族へどのように伝えるか