メニューボタン

頚部テクニックⅡ(Iとの違い)

いわゆる「肩こり」から、疲れ目、頭痛などの体の不調に大きく起因する頚部へのテクニックは、新リンパ療法の中でも重視されているポイント。専科の技術を用いることで、頚部から離れた体の部分のケアに繋がります。

頭や目へのアプローチ力が高まる

専科コースで学ぶ頚部テクニックⅡのカリキュラム内容

初級科コースで学んだ頚部テクニックは、あくまで首のコリにアプローチをする方法。首のコリをほぐすことで肩こりのケアにつながることはありましたが、首の周りに影響を与える程度でした。

ですが施術を行う前、全身をゆすっていく際に、腰や肩と一緒に首まで左右に大きく揺れてしまう状態の方は、頚部~背中が硬くなってしまっている状態です。単純な肩こりだけでなく、息苦しさや頭痛などを感じるようになっている可能性が高いのです。

専科コースから学べる頚部テクニックⅡでは、頸部の表層だけでなくもっと深い分へのアプローチを行っていきます。ラジャスリングを用いた軽擦の後、頭部につながる部分から背骨までしっかりと摘まみ、揺することで首回りだけでなく、そこからつながる部分への影響も期待できるようになるのです。

頚部と肩、背中にかけての筋肉の張りを緩めることで、息苦しさや寝苦しさ、頭痛や疲れ目など、患者さん1人ひとりの抱えるお悩みへアプローチする方法も学べます。

頚部テクニックⅡ履修後にできるようになること

頚部テクニックⅡを履修することで、今までは「痛みがあるから刺激をする」ことしかできなかった頚部から、さらに広範囲にわたる施術が可能となります。特に頸部は頭と体をつなぐ重要な部分です。ここに滞りができていると、いわゆる「原因不明の頭痛」や「目のだるさ」につながります。脳の働きが悪くなるという傾向もあるようです。

体に関しても、頸部のハリが強いままにしておくと、背中全体が硬くなる、背骨の周りに塊ができてしまうといったことにもつながります。背骨周りは体のバランスに直接影響を与える「柱」です。その柱を柔軟に支えてあげるためにも、頸部への施術は重要になってきます。

そんな頸部だからこそ、お客さんの中にもこの部分に問題を抱えている方が少なくありません。特に毎日強いストレスを感じるような仕事をしている方、オフィスワークで目を酷使している方の不調には、頸部へのアプローチが重要です。デリケートな部分なので指圧は苦手なお客さんも多いですので、余計な力を掛けない軽擦&摘まむ&揺するの施術で解決してあげられれば、リピーター獲得にも一役買ってくれます。

その他、専科コースの講座内容をチェックする